2011年04月29日

がっくり

 久しぶりに記事を書いたのに、何故かどこかに飛んでいってしまい、どこを探しても見つからず落ち込んでいます。
 ほんの2,3日の出来事です。東北地震についての結構長い、気合いの入ったコメントだっただけに残念です。もう一度書く気力は残っていませんが、要約するとこうです。地震津波災害は天災であり、ある意味仕方がないかも知れませんが、原発の事故だけは絶対許せない!当時、原発は安全だと吹聴してこの建設を推進した学者、政治家、擁護派は出てきて責任を取れ!と。私があれだげ原発そのものに反対していのに。こんなことはもう20年も前に予想できていた!チェルノブイリ、スリーマイル事故から日本は何も学ばなかった。いや、政府と御用学者集団の詐欺行為のつけがこの福島原発事故だと思う。フリージャーナリストの広瀬隆さんが口をすっぱくして何十年にもわたって、原発反対を講演やら自身の著書で訴えていたのに、馬鹿どもが金に目が眩んで、69基もの原発をこの地震列島に作ってしまった。てなことを書きました。
 「この国ときたら、賭けるものなどないさ〜」(落陽から)ですわ。もう、呆れて疲れて涙もでません。
 みなさん広瀬さんの本を一冊は読みましょう。原発のからくりがわかります。
では
posted by トミー at 11:38| Comment(0) | 日記