2011年08月20日

ナイトスクープ第3弾

私の知り合いにスポーツ万能とまではいきませんが、千能くらいの還暦少年(61歳)がいます。彼は何事にも熱く、特にスポーツ観戦の時はうるさくて回りの皆が困っています。
中でもサッカーの試合、PKで選手がゴールを外すと必ず「何してんねん。俺がやったるわ。俺やったら目をつぶっても出来る!」と言い「PKを外すような奴はサッカーをする資格はない!!」と怒ります。私の息子が小中高大とサッカーをしているので、「そんなに簡単じゃないよ」と言っても無視。涼しい顔で「あんなに大きなゴールポストの中に入れへん方がおかしい、俺は絶対出来る!」と。サッカーに詳しいイギリス人の友人の「I will teach him a lesson!」の言葉に彼は既に臨戦態勢です。その自信はどこから来るのか??私達友人には大いに疑問です。
そこで探偵さんにお願いです。彼にボールを蹴らせて、ゴールを決めるのはどんなに難しい事なのか、スポーツは見るのとするのとは違う!という事を分からせて欲しいのです。そして今後私達が静かにゆっくりスポーツ観戦出来るようにしていただきたいのです。ちなみに彼はサッカーはまるっきりの素人です。高校の体育の授業以来、サッカーボールに触れた事もないそうです。スポーツの出来る探偵さん、もしくは有名なゴールキーパーさん、どうぞよろしくお願いします。

今回はホームページから投稿。次の日にスタッフから電話あり。またまた、検討中とのこと。決定を待っていますが・・・。三度目の正直ちゃうの!
posted by トミー at 10:51| Comment(0) | 日記

2011年08月05日

再々挑戦や

またまたナイトスクープに依頼文を送りました。今度こそ、いけそうかな?さて皆さんのご感想は・・?

西田局長、秘書の松尾さん、探偵さんこんにちは。いつも楽しく拝見しています。
さて、依頼の件ですが、よく行く居酒屋の常連さん、ゆきちゃんと柔道で勝負したいのです。彼女は幼稚園の先生をしているうら若い可愛いい女性ですが、中学生の時、兵庫県大会で3位になった実力の持ち主です。私は還暦を過ぎたとは言え、体重八十キロ弱、身長180センチの巨体。いくらゆきちゃんが強くても女性は女性、全く負ける気がしません。それどころか「絶対勝てる」とさえ思えます。でもそう言うと「素人のおっちゃんなんかに負けるわけない。得意の内股で投げたるわ」と彼女は自信満々の涼しい顔。「いつでも受けて立ったる!」とまで言っています。
 ここまで啖呵を切られると男してはもう引き下がるわけにはいきません。また、いわゆる「柔よく剛を制す」の言葉どおり、女性が大の男を投げられるのどうかの興味で、店の常連客、マスター、友人は盛り上がっています。私は柔道着もなく、試合のできる道場のこともわかりません。
そこで、真剣勝負できるようにセッティングしていただきたいのです。もちろん公式試合ルールでけっこうです。格闘技の好きな探偵さんよろしくお願いします。
posted by トミー at 11:25| Comment(0) | 日記