2012年05月31日

世界を変える私見3.天皇制

 きゃー、これはまたえぐいタイトルですなあ。小さなことは気にしない、ワカチコワチコ。このゲー人はどこに行ったのであろうか?
まず、歴史について私見を述べます。「歴史は自ずから進歩する」と常々思っている。自ずからと言うのは勝手に、努力なしにと言う意味でありません。歴史は自由と平等に向かって進んできたし、今からも進み続ける。つまり、人々は自由と平等をいつも求めているし、それを阻もうとする制度と衝突し、どれほどの時間がかかろうとも最終的に障碍に打ち勝ってきたと思う。それは紛れもない事実として歴史が証明している。こういった観点から天皇制は自ずから消える。象徴などというわけの分からない存在はなんの価値もないし、我々市民は利益を全く蒙っていない。何よりも、国民は平等だと宣言している憲法に反していると思う。民主主義と謳っているのに誰も天皇になれないのは何故?
そのことは日本の民主主義の欠陥であり、弱点であり、大矛盾なのだ。
 後に沖縄知事になった方(名前・・?)が戦後すぐに「沖縄は必ず返還される」と確信したと言う。「米国に占領されたままなんて、そんな不合理がいつまでも続くはずはない」と。そして事実、沖縄は返還された。天皇制もしかりである。今ここで 私は宣言する。「天皇制は必ずなくなる!」ついでに「北朝鮮キム・ジョンナム政権も必ず崩壊する!」ああ、ついでに「虫歯はいつか地上から消えてなくなる!」
 私が死んだら骨を埋めてその上にボケの木でも植えてもらう。その横の墓碑に上の言葉を刻んでもらいたい。どなたか力になってもらえませんか?ああ、そこのマイティの女神Tさん、いかがですか?「そんな知らん。私はエステで忙しい!」ってか。ちなみに最近、彼女はエステシャンとなりガンバっています。ではこれにて。
posted by トミー at 10:15| Comment(0) | 日記

2012年05月30日

世界を変える私見2.長すぎる病院の待ち時間!

 病院の待ち時間の話である。半日、長ければ1日が潰れる。少しくらい調子が悪くても、病院にいかないのは仕方がないこと思う。特に大手の病院の横柄さが嫌いな私などは死んでも行ってやるかと思う。と言いつつも、2度救急車で病院に運ばれ、その時はドクターと看護士さんに親切にしてもらい感謝した経験があるので、あまりきつい事ばかりは言えない。にも、かかわらず病院の不便さは誰もが認めている。特に大病院。まず、駐車場が建物と離れすぎていて、病人には歩くのが一苦労。巡回バス、カートなどを用意したらんかい!と思う。問診表を出し、診察をしてもらい、検査して、またその科または別の科に行く。それも、ここかしこどこかしこ、二階に上がり一回に下がり、歩き回らないと終らない。病人をどれだけ苦しめれば気がすむのかと思う。全てが終わり、いざ料金精算にも長い待ち時間。薬をもらうのも長い長い待ち時間。くたびれて、それで病気になりそうだ。
 仕方ない!と病院は言う。そう思っているうちは待ち時間は改善されないに決まっている。まず、患者の側に立ち、時間短縮を目指すことが肝要。どんなことでも成せば成るのだ!
大病院と町医院とのネットワークを作る。問診専門の医者を置く。重篤な患者と軽い患者を分ける。問診の段階で2つに振り分ける。無理とは言わさない。NHKの素晴らしい番組のドクターGは問診でほとんどの病名が分かると言っていた。検査ばかりすると混乱ばかり助長して、正しい病名に行き着かない。検査は必要だが、大体の目安がつかないのに検査はすべきではない。と出演されたドクターG全員が申し合わせたかのように言われていた。
 それだけでも、大病院に集中する患者数は減ると思う。これは一例に過ぎないが、待ち時間の短縮は可能に決まっている。それが実現しないのは旧態然としたシステムの上に胡坐をかいているからに他ならない。病院よ、システムを改善しなさい。そしてまず、なんじの横柄さ傲慢さを自覚せよ!
 ちなみに、長い待ち時間は私の病院嫌いの原因の一つでもあります。そんなん知るか--ってか?
posted by トミー at 10:19| Comment(0) | 日記

2012年05月11日

世界をかえる私見1.虫歯について

 虫歯はおかしい、変である。虫歯の歴史は古い。たぶん、人類が誕生してすぐ始まり現代にいたる。その間、虫歯の治療方法は進歩してきているのは間違いない。誰もが認めている。が、しっかしである、虫歯そのものをなくする努力はされていないように思う。いや、する気がないのだと思う。虫歯が無くなれば、歯医者も歯科大、歯科大教授も、虫歯産業も困る。生活できなくなるのだ。こう考えると、虫歯研究者は意識的に虫歯根絶を避けていることがわかる。虫歯の原因は歯石、歯垢それから発生する何とか菌(ミュータンス菌?)と特定されている。こんな風に原因がわかっているのもかかわらす、それをやっつける薬も方法もないなんて信じなれない!歯医者、歯研究者の陰謀に違いない。宇宙誕生の謎に迫るブラックマターやブラックエネルギーまで発見されるほど科学は進んでいる!にもかかわらず、たかが虫歯も治せないなんて何かが間違っている。きっと裏がある!研究者の怠慢か虫歯治療で誰がが大もうけしているかのどちらかである。
 歯医者、歯科大の先生方の反論を是非聞きたいものである。
posted by トミー at 16:35| Comment(0) | 日記