2007年08月23日

ドライミスト

 みなさん、ドライミストをご存知ですか?ミストつまり霧なのですが、それが服や体についても濡れないのです。水の粒が極端に小さいので、空気に触れると同時に蒸発してしまうからです。ある日本の大学教授が何年も研究を重ね、やっとこのドライミストを作りあげたのです。最近では大都市にも設置されているようです。ビルの谷間を歩いている時に頭上のパイプから水の煙が吹き出ていて、そこはかとない涼しさを感じたら、それがドライミスとです。聞くところによると、大阪心斎橋付近にもあるようです。時間のある方は「霧なのに濡れない、でも涼しい」不思議体験を味わって見ては?このシステムは都市のヒートアイランド現象対策に一石を投じる発明だと考えられています。クーラーのように熱を外に放射して、内側を涼しくする自己チューなエゲツないシステムの対極にあるシステムなのです。もちろんドライミストは屋内での使用実験も成功しているので、将来的にはクーラーに取って代わるのではないかと言われています。
 がんばれ、人に優しいドライミスト!
 
posted by トミー at 10:35| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
ずいぶん前の記事に今頃コメントしてすみません。

私、世界陸上を見に行ったときにこのミスと体感してきました!すご〜く暑かったので気持ちよかったです。大阪は今年は水が余っていたらしく、このイベントができたらしいですね。毎年水が大量にあるとは限らないので難しいかもしれませんが、少しでも地球にやさしい暑さ対策ってないいんですかね〜(泣)
Posted by hiromi at 2007年10月03日 22:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5175922
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック