2011年07月22日

探偵ナイトスクープ

 下記は我がスクールの女神Tさんが私のためにナイトスクープに送った依頼文です。放送局から先日電話があり、内心期待と不安でドキドキ。まだ本気決まりではないとのことで、今は決定のTELを首を長くして待っています。みなさんもご期待ください。頑張ります。

依頼内容:還暦少年、トミーさんの願いを叶えてあげて下さい。そして私を救って下さい。
彼は映画が好きで、特に黒澤映画の大フアン。
その中でも「椿三十郎」がお気に入り!!三船敏郎と仲代達也の居合いのラストシーン、二人の間に流れる緊迫感が堪らないらしく、 私を相手に立ち回りを無理強いします。もちろん自分は良いもん?!の三船敏郎、私は切られ役の仲代達也です。台詞も立ち回りも正確に覚えていて、物指しや木の枝、刀の代わりになりそうな物を見つけては、私を切り、決め台詞を言って立ち去って行きます。1分間瞬きせずに相手を見つめる(このシーンに絶対に必要・ら・し・い・・・)研究?!もしていて真剣なのは十分わかるのですが、私にも台詞を強要し、刀の抜き方や表情にも口うるさくダメ出しします。私が嫌そうな顔をしてもお構いなし!かなりしつこいです。相手をするのも疲れて来ました。と言うか、本当のことを言うと「したくない!」んです。でも本人は超真剣なので、全く無視するのも気の毒な気もします。

そこで探偵さんにお願いです!
どうか私の代わりに切られて下さい。
もっと厚かましいお願いを聞いて頂けるなら、プロの役者さんに仲代達也役になってもらって、あのラストシーンを再現していただけないでしょうか?彼がプロの役者さん相手に三船敏郎を演じることが出来れば、私の仲代達也役もいらなくなり助かります。ちなみに私は五十過ぎ、彼は還暦を越えています。Tさんの夢を叶えると同時に、私が「普通のおばちゃん?!」として静かに暮らしていけるようご配慮いただければ幸甚です。
どうかよろしくお願いします。

posted by トミー at 09:43| Comment(0) | 日記

2011年07月13日

つばめの剥製

つばめの剥製作りに行って長居博物館に行ってきました。おい、こら和田!来たら詳しく教えたるいうから楽しみにしていったら、何やねん。あの態度は・・・。立派な学者かなんかしらんが、ほとんど口もきいてくれへんし。だいたい、わしらの顔を見て「あれ・・・、こいつらホンマニきてもた」みたいな態度はやめてくれん。まさか、素人がつばめの剥製を作りにはるばる泉北くんだりからくるはずはないと思うのはしょうがないけど、一応「博物館に来てくれたら、教える」って自分が言ったことくらいは覚えとかんかい。それが礼儀ちゅうもんとちゃう。
 まあ、でも和田ははずれやってけど他の学芸委員の方たちはとっても親切で感激しました。特に私の横に座って中身と皮のはずし方を基本から丁寧に教えてくれたうら若い女性のほねほね団のスタッフ方には言葉もありません。ありがとうございます。ほんとに勉強になりました。
 我がスクールの女神Tさんも実は勇んで剥製作りの部屋に行ったのですが、その臭いと何ともいえない雰囲気に退散。鳥や動物の肉片がそこここに転がっているので、降参しても仕方がないとも思います。それでも、最後にはハンカチで鼻を押さえて私の作業を応援。か弱い?女性にしてはよくやったとは思います。実は私も部屋に入った途端、「うえっ」となり、すぐに家に帰ろうと思ったことを正直に白状します。
 とにかくつばめの剥製(仮剥製という)は出来上がりました。興味のあるかたはスクールにお越しください。私たちの汗と涙の結晶をお見せいたしますよ。
posted by トミー at 20:31| Comment(0) | 日記

2011年06月14日

I saw an OWL!!!

皆様お待たせしました!
久しぶりの登場、Mightyの女神(自分で言うなー!)Sweet-Tomokoです。どうしても皆さんに伝えたい事があります。

先日、和泉市を散策中に野生のふくろうを発見しました。
こんな近い所で野生のふくろうを見るなんて、それも昼間に見るなんて奇跡です!!場所は内緒?!でもあれはきっとあの森の主にちがいないと私は確信しています。大きな木の上から悠々と私達を見下ろしている。首をクルクルと回しながら、時々こちらを見る。森の主の貫禄十分、本当に嬉しくって思わず主に向かって「ホウ、ホウ」って呼びかけてました。まるで子供!と笑われようと、そんなの関係ない?!呼びかけずにはいられないんだもの。ふくろうはしばらく私達を見下ろした後、静かにどこかへ飛んで行きました。

日本では昔は不吉な鳥だとされていたようだけど、最近では「不苦労」「福郎」と縁起の良い鳥と言われてますよね。ようし!きっと良い事があるぞー!皆さんにも特にこの度の東日本大震災の被災者の皆さんに「福」が来ますように、ふくろう様よろしくお願いします。


ところで随分前にテレビでほっしゃん(芸人です)がふくろうを飼っていて、ふくろうの首が380度回るというのは本当か調べたと言ってたのを思い出しました。まず360度回してみる・・・異常なし!あと20度がどれ位なのかよくわからないけど、とりあえず回してみる。と、突然ふくろうが「クエッ」と鳴く。何度やっても、同じ位のところで「クエッ」、どうもそこが380度らしいと。話を聞いていて噴出してしまいました。380度も首が回る・・・エクソシストもビックリですよね?!

書き出すと色々皆さんに伝えたい事、聞いて欲しい事が溢れてきます。
でも今日はこの辺で、仕事に戻ります。またよろしくお願いします。さようなら〜!

posted by トミー at 11:33| Comment(0) | 日記

2011年06月08日

つばめ

 散歩が血圧を下げるのによいという情報を小耳に挟んでから、極力歩くようにしている。先日、家からスクールまで散歩がてに歩いていると、つばめが道路沿いに死んでいた。拾い上げて見てみる。どこにも傷らしい傷はない。さらに詳しく見ているうちに羽が黒ではなく、よく見るときれいな瑠璃色だと気づいた。我がスクールの女神Tさんに見せるとその美しさにいたく感動。だってつばめの色が瑠璃色だなんて誰もしらなかってのだから・・・・。そのまま埋葬するには残念無念。いろいろな人にできれば見てもらいたいというか、何とかこのまま保存したいと思うようになってきたのでした。そこで、剥製にしようと思い立ち、ネットで調べたり、長居自然博物園に電話をしていろいろ情報を得ました。やり方を聞くと自分でも出来そうですが、もし失敗すると元も子もないので、つばめを冷凍保して、来週博物館に持っていけば実際に剥製の製作過程を見学出来るようなので、そうしようと決めました。
さて、どんな剥製ができるのか楽しみです。興味があればスクールにお越しください。喜んでお見せします。
posted by トミー at 13:44| Comment(0) | 日記

2011年04月29日

がっくり

 久しぶりに記事を書いたのに、何故かどこかに飛んでいってしまい、どこを探しても見つからず落ち込んでいます。
 ほんの2,3日の出来事です。東北地震についての結構長い、気合いの入ったコメントだっただけに残念です。もう一度書く気力は残っていませんが、要約するとこうです。地震津波災害は天災であり、ある意味仕方がないかも知れませんが、原発の事故だけは絶対許せない!当時、原発は安全だと吹聴してこの建設を推進した学者、政治家、擁護派は出てきて責任を取れ!と。私があれだげ原発そのものに反対していのに。こんなことはもう20年も前に予想できていた!チェルノブイリ、スリーマイル事故から日本は何も学ばなかった。いや、政府と御用学者集団の詐欺行為のつけがこの福島原発事故だと思う。フリージャーナリストの広瀬隆さんが口をすっぱくして何十年にもわたって、原発反対を講演やら自身の著書で訴えていたのに、馬鹿どもが金に目が眩んで、69基もの原発をこの地震列島に作ってしまった。てなことを書きました。
 「この国ときたら、賭けるものなどないさ〜」(落陽から)ですわ。もう、呆れて疲れて涙もでません。
 みなさん広瀬さんの本を一冊は読みましょう。原発のからくりがわかります。
では
posted by トミー at 11:38| Comment(0) | 日記

2011年01月27日

ああ、プラナリア

 去年の春?から飼い始めて大切にしたいたプラナリアがこの前、死にました。原因は餌を与えた後の水換えが遅れたためなのですが、どちらにしてもきっと早晩死んでいたと思われます。というのも、この2匹のプラナリア君、なぜか餌を食べない。「切っても切ってもプラナリア」に書かれた通りに、鳥のレバーをやっても、赤虫をやっても全く食べる気配がない。プラナリアの研究機関にも連絡し、そのアドバイスに従って、うどんをやっても効果なし。日々、細く小さくなっていくプラたちを見て心を痛めておりました。当初の目的、まずは数を増やして、いくつかに切って再生実験をしようという目論見は見事はずれ、そればかりか元の2匹の命さえも危ぶまれてきて、これはもう採集してきた元の川に返すしかないとTさんと考えていた矢先のことでした。水換えのタイミングを逸したのは私の所為ではありますが、何よりも「切っても・・・」の著者がうらめしい。確かに、餌やりは1週間に一回で十分、二回やると一匹が二匹になると書いてあり、数は無限に増えると。それをひたすら信じていたのに・・・・。残念、無念。プラナリアを何年も研究してきた学者にも分からないこともあるのかと生物研究の難しさが分かったように思えます。でも、今年も春にはもう一度プラナリア採集に行こうと思っています。
 そういえば、これまた大切に育てていた、去年白浜でゲットしたカクレクマノミ、ギンユゴイ他全部が低水温のためオダブツ。うえーん、可愛かったのに。餌をやると水面に顔を出して口をパクパクしていたのに!死んでしまった魚を見て、ふと考える。死と生の虚しさか・・・・。
次回はもっと楽しい話題にしようーっと。日本よオーストラリアの美しく葬れ!サッカーの話です。
posted by トミー at 13:33| Comment(0) | 日記

2011年01月20日

あけまして

 おめでとうって、遅すぎるやないか!すみません。先週、せっかく書いた貴重な文章が何故かとんでしまい、もう一度同じことを書く気力が湧いてこなかったわけで、こう言う結果にあいなりました。
 サンデルの正義の影響で、千葉大の小林教授が白熱教室を始め、それがNHKでやっていたので、そのことを書いていたのです。この講義も結構面白く、考えさせられます。例えば「自殺はゆるされるか」という質問について、学生達が喧々諤々意見を出し合っていました。私の理解では功利主義的、またはリバタリア主義では許されると結論が出るのではないかと思っています。つまり、自分の命は自分が所有しているのだから、自分の命の放棄は可になる。しかしながら、命は本当に自分の所有物と言えるのかと考えると、そう簡単に結論はでない。自分の命は両親から与えられたもので、自分自身の努力で勝ち取ったものではない。あまりにそれには恣意的な要素が含まれている。
自殺は従って自分がどの立場にたつかによって可・不可になる。自分がどの立場をとるのかはその時にならないと分からないというのが本音である。
 まあ、みなさんも機会があればサンデル教授か小林教授の白熱教室をご覧下さい。結構、頭の体操になります。ちなみに小林教授の白熱教室は次回は23日の午後6時からNHKであります。私は絶対見ます。
では、今年もよろしくお願いします。読者からのコメントがもう少しあれば、張り合いが出るのですが・・・・・
posted by トミー at 17:54| Comment(0) | 日記

2010年10月16日

ハーバード白熱教室

 ハーバード大学のサンデル?教授の「正義・Justice」ちゅう講義がすごいというので、以前ちらっと見た。
 列車の運転手が前方に2人のひとを線路上に発見。長い運転経験から判断して、急ブレーキは合わない。ふと見ると、もう一本、枝線がある。そちらにハンドル?を切れば事故を何とか避けられる。しかし、見るとその線路上にもう一人の人が蹲っている。警笛をならしても、動く様子はない。真っ直ぐ行けば2人を轢くことになる。が、枝線に方向を変えても結局は1人を轢く。さて、あなたはどうする?とサンデルは何百人の聴衆(生徒)に訊く。
 このジレンマをどうするのか?個人個人を当てて、丁寧に意見を聞く。一般論に始まり、それは民族紛争問題から、差別問題にまで話は広がり、とても興味深かった。
 ただ、残念なことは結論が出なかったことだ。もちろん、簡単に結論が出る問題ではないことはよく分かる。がもし、自分が首相や大統領のような地位にいたら、どちらをとるかを決定しないといけない。戦争するか戦争を避けるか?決定を逃げられない。現実はそう言うものだ。
 もちろん議論は大切なのは分かっている、だが同時に決定し行動しないといけない。
 サンデル氏は「こんな難しい問題を皆で真剣に話し合うことこそ大切だし、この講義の目的もそこにある」と講義を結ぶ。結論はないんかい!と下衆な私などはつい突っ込んでしまう。
 サンデルさん、それはないと思う。どちらに転んでも、人を合理的に納得させる力がないと人の上に立てないし、人をを引っ張っていくことも出来ないと思う。結論のない議論はなぜか後味が悪い。お陰で私は今でも線路問題を考えている。なるようにしかならないでは哲学が泣きまっせ、サンデルはん。 
posted by トミー at 12:48| Comment(0) | 日記

2010年09月11日

空気投げ

ご無沙汰しておりました。皆様お元気ですか?こちらは依然とし痛風と高血圧に苦しんでおります。
 この間、ひょんなことから合気道の空気投げに出会い、首をかしげております。ある有名な大先生は身体に触れずに相手を倒す技を持っているというので、早速YOUTUBEで見てみました。7,8人を相手にして、細身でどう見ても強そうでない還暦を超えた?先生がその大人数をちぎっては投げ投げてはちぎりしておりました。「嘘くさ!」というのが第一印象でした。力学的に空気投げなどはありえないと、まわりの友人知人その他諸々に吹聴しておりました。すると、合気道を愛してやまないあるやんごとなき方から連絡があり、「そんなに疑うなら道場に来なさい」と最近お誘いがありました。その方曰く「ただし、大怪我を覚悟で来なさい」とのこと。その切羽つまった言い草がおかしいので、一度対戦したいと思っているところです。
 ちなみに、総合格闘技VS合気道達人(柳龍拳?)のある試合では合気道が相手の左ストレートをくらい、10秒ほどで呆気なく鼻血ノックアウト。完敗ですなあ。是非YOUTUBEをご覧下さい。
 合気道愛好家のみなさん、なんぼなんでも嘘はいけません。いくら強くてもかまいませんが、空気投げは勘弁して下さい。
posted by トミー at 11:17| Comment(0) | 日記

2010年07月24日

怒る時は怒ろう

 みなさん、お久しぶりです。あっついですねえ!
アメリカのある市の職員の年収が7000万円になるというのでオバマ大統領が憮然とした顔でニュースに出ておりました。それもそのはず、大統領の年収を下手すると超る勢いなのだそうです。
 私達もオバマにならって、この際もっと怒りましょう。日本の国会議員の報酬はちょうどこれくらいになります。なんぼなんでも、高すぎる。税金使いすぎだとは思いませんか?
 ある局の一般人参加番組で、ある人が私と同じ意見を述べていました。特に、文書交通費などのいろいろな特別待遇に言及すると、政治評論家の三宅なんとかちゅうおっさんが「あなた、そんなけち臭いこといっちゃいかんよ。政治家は東に西に国政のために飛びまわるんだから」こう言われると、その方は困ったように口を閉ざしました。みなさんはどうですか?反論できますか?私達は声を大にしてこういいましょう。使った経費の領収書を全て公開せよ!と。話はそこから始まる。みなさん、騙されなはんなや。テレビの毒舌家連中も政治家も同じ穴のムジナ、無責任限りない。
 国の財政を赤字にした責任を政治家はとりなさい。それをせずに
すぐに消費税をあげるのはゆるせーーーーん!ちゅうことですわ。では。
posted by トミー at 11:39| Comment(0) | 日記